Hailly’s Blog

アメリカ西海岸のサンフランシスコ近郊ベイエリアに住んでいる日本人駐在妻です。観光に行ったレポートや、アメリカ生活でのちょっとした事を書いています。

ミュアウッズ国定公園とサウサリート

先々週末は、ゴールデンゲートブリッジを渡った向こう側にある、

ミュアウッズ国定公園と、小さなアンティーク街サウサリートを訪ねてみました。

 

ミュアウッズ国定公園は、サンフランシスコの北17マイルのところにあり、

レッドウッドの森の中でハイキングを楽しめる場所です。

 

レッドウッドとは、セコイアという種類の樹木で、

”世界一背の高い生き物”と言われているそうです。!

今では北カリフォルニア沿岸部にしか残っておらず、貴重な樹木となっています。

 

たこの公園は、映画『スターウォーズエピソード6 ジェダイの帰還』のロケ地にも使われたそうです。

 

さて、ミュアウッズの森に到着しました。

入り口のゲートです。

f:id:harukoimai0329:20171021152420j:plain

 

入場料は一人10ドル、受付で支払います。

駐車場は休日は混雑しているので、入り口近くに停めたい場合は、

朝早くの出発をおすすめします。

私たちは12時頃に到着したので駐車場は満車で、歩いて15分程先の場所に路駐することになりました。

 

そしてこちらがハイキングコースのマップです。

f:id:harukoimai0329:20171021152434j:plain

奥までいくと往復で約4マイル、1時間半ほどのトレイルになります。

せっかくなので私たちは一番奥のブリッジ4まで行って、帰りは

ヒルサイドトレイルで帰ってきました。

 

メイントレイルの景色です。

f:id:harukoimai0329:20171021153513j:plain

写真に収まらないほどの高さで、圧巻でした。

f:id:harukoimai0329:20171021152634j:plain

園内の樹木は、平均樹齢700年だそうです。

光にあたると赤茶色に見えるのも、レッドウッドと言われる由縁です。

 

さて、ブリッジ4に着いたので折り返しです。

f:id:harukoimai0329:20171021152724j:plain

帰りは少し勾配を登り、メイントレイルを見降ろしながら、ヒルサイドトレイルを歩きました。

f:id:harukoimai0329:20171021152746j:plain

こっちのほうは道幅が狭く、より山登りの雰囲気が楽しめます。

 

当日サンドイッチを持参していたのですが、園内はピクニック禁止のため、

ビジターセンターの外のベンチスペースで昼食をとりました。

軽食ならビジターセンターで購入することもできます。

 

そして、帰りがけにサウサリートにも立ち寄りました。

 

サウサリートは小さなダウンタウンで、サンフランシスコの喧騒から離れた穏やかな懐かしい雰囲気が楽しめるエリアです。

f:id:harukoimai0329:20171021152757j:plain

ヨットハーバーを見ながら優雅なランチやディナーを楽しむのもいいですね。

f:id:harukoimai0329:20171021152808j:plain

 

ブラブラと散策をして、まず入ってみたのが、

クリスマスショップHoliday Shoppeです。

ここではクリスマスツリーに飾るオーナメントをたくさん売っており、

店頭にはこんなユニークなツリーもありました。

f:id:harukoimai0329:20171021152818j:plain

f:id:harukoimai0329:20171021152940j:plain

 

次に、アイスクリームショップLappert's Ice Creamに立ち寄りました。

ダウンタウンに2店舗あり、ほとんどの観光客が立ち寄っているようで、

とても人気でした。

f:id:harukoimai0329:20171021153000j:plain

店内もアイスも昔ながらのスタイルでしたが、フレーバーの種類がディスプレイに表示されているのが、斬新でした。

f:id:harukoimai0329:20171021153014j:plain

1スクープでも大量のアイスが乗せられてきたので、シェアしても充分だと思います。

 

そしてゴールデンゲートブリッジを通過し帰宅です。

f:id:harukoimai0329:20171021153029j:plain

 

いろんなところへ出かけるうちに、何度もゲートブリッジを通るので、

一番最初に見た感動が薄れていくのは少しさみしいな~と思いながら、

家路に着いたのでした。