Hailly’s Blog

アメリカ西海岸のサンフランシスコ近郊ベイエリアに住んでいる日本人駐在妻です。観光に行ったレポートや、アメリカ生活でのちょっとした事を書いています。

サンマテオアダルトスクール 2018春学期まとめ

お久しぶりです。

今回は、学校のことについて書きたいと思います。

前回、以下の記事でSan Mateo Adult Schoolでの最初の学期で

学んだことについて書いたのですが、

hailly.hatenablog.com

 

今回は、続きです。

今回の春学期では、

Morning Class   :①All Skill(High Advanced)

         8:45-12:00 Mon~Fri

Afternoon Class:②Intensive Writing

         12:30-15:30 Tue, Thur

のクラスを取りました。

 

Morning ①All Skill(High Advanced)

前学期は、Low Advancedだったのですが、学校のレベル分けテストを

受けたところ、スコアがあがったので、一番上のクラスに移ることができました。

今回のクラスでは、あまり基本的な文法はやらず、もっと細かいところ

 

・動詞と前置詞の組み合わせ

・a/theの使い分け

・to/-ingのどちらを使う動詞か

・関係代名詞

・テクノロジー/文化等に関する英文読解

 

などを習いました。

 

前回のクラスに比べて、他の生徒も間違いながらもベラベラしゃべれる生徒が多いので、

最初は難しいと感じましたが、だんだんと慣れていきました。

先生が日本人と結婚されている方なので、日本人の態度や価値観を理解されており、

非常に受けやすい授業でした。

よく先生が、日本とアメリカの違いについて感じた体験談を話してくれたりするので、

面白かったです。

 

Afternoon ②Intensive Writing

 

今回、最も大変だったのは、このクラスでした。

以前からこのクラスは宿題が多く先生も厳しくて、大変と噂に聞いていたのですが、

大学のESLと同じレベルの授業が受けられ、かつ大学の講義を取るための

レポートの書き方を学べるということで、頑張って受けてみることにしました。

 

まずは1パラグラフ(10~15文程度)の文章の組み立て方を学んでいきました。

 

①トピックセンテンス

②サポートセンテンスⅠⅡⅢ

③コンクルーディングセンテンス

 

の三段構成で書いていきます。

トピックセンテンスで主旨を述べ、サポートセンテンスでその理由を説明し、

コンクルーディングセンテンスで結論として主旨を締めくくる、という流れになります。

 

基本的に、各サポートセンテンスにはさらに3つ以上の理由を述べます。

 

サポートセンテンスを書くには、

・それが何なのかを説明する

・より詳しい情報を説明する

・理由をあげる

・事実やデータを提示する

・例を述べる

という方法があります。

 

また、コンクルーディングセンテンスにもいくつかパターンがあり、

・主旨の言い換え

・今後の提案をする

・意見を書く

・将来的な予測を書く

のように締めくくります。

 

日本語の文章だと、言いたいことは結論で最後に述べる流れだと思いますが、

英語では、最初のトピックセンテンスで言いたいことを書く、というのが

大きく違うところだと思います。

トピックセンテンスで、詳細な理由まで書かないこともありますが、

賛成なのか反対なのか、どのような見地から意見を展開するのか、

ある程度は最初の1文で分かるようにしなければなりません。

 

そして学期の最後の方になると、パラグラフからエッセイに移ります。

エッセイは基本的に5章(5パラグラフ)で構成され、基本構成はパラグラフと同じです。

でも、単純にパラグラフの5倍以上は書かなくてはいけないので、

結構なボリュームになります。

この程度の内容が大学のレポートでは求められるそうです。

 

そして、エッセイになると、なかなか自分の知識だけでこのボリュームを書き、

説得力のある理由をあげるのが難しいので、文献やウェブニュース等から

他の人の文章や意見を引用していくことになります。

 

先生が言うには、必ず書き始める前に、ブレインストーミングをして、

イデアを絞り出し、トピックセンテンスと3つのサポーティングセンテンスの

柱とその内容を決めるのが重要だそうです。

 

予め各段落で書く内容を決めて、他の紙に書き出しておいてから、

本文を書き始めることで、論展開が構成されたものになります。

 

さらに、However、In additionなどの繋ぎの言葉を適切に使ったり、

have、getなどの動詞を多様せずアカデミックな動詞を使うように意識する

必要があります。

 

私は、最初1パラグラフを書くのも大変だったので、まさか最後には

エッセイまで書けるようになるとは思いませんでした。

 

ただただ文章を書き連ねるならそんなに時間もかからないのですが、

このように文章を組み立てて書くには、細かいところに気を配るので

構成にとても時間がかかりました。

 

でも、最後にはエッセイが書けるようになり、とても達成感がありました。

一人でやっていてはモチベーションが続かなかったと思いますが、

学校で同じメンバーと内容をチェックし合ったり、質問し合うことで、

助け合いながら、続けることができました。

 

私は、このクラスを取って、やりきれて、本当によかったと思います。

もし取るかどうか悩んでいる方がいらっしゃれば、私でも出来たので、

かなり自宅で割かなければいけない時間も必要ですが、覚悟して、笑

クラスで知り合いを作り、最後のエッセイまで頑張ってやりきられることを

応援しています。!

 

ひとまずは、自分にお疲れ様と言いたいと思います。笑

【サンフランシスコ周辺グルメ】ハンバーガー巡り②

こんにちは。

前回の続きで、私が行ったことのあるハンバーガー屋さん3店舗を紹介したいと思います。

 

① UMAMI BURGER

www.umamiburger.com

私が行ったのはパロアルト店です。サンフランシスコのダウンタウン周辺にも2店舗あります。

日本にも進出しているみたいですね。

 

こちらは日本のだしなどのうまみにコンセプトを当てて作られたハンバーガーです。

 

ここの特徴はしいたけです!

食べてみると、実際に具材としてしいたけがサンドされており、

しっかりしいたけの味がします。これは結構個性的でした。

 

f:id:harukoimai0329:20180515033147j:plain

 

店内はとてもおしゃれで雰囲気良いです。価格は全体的に高いです。

 

f:id:harukoimai0329:20180515033028j:plain

f:id:harukoimai0329:20180515033121j:plain

 

値段 /☆☆

味  /☆☆☆

お肉 /☆☆☆☆

ポテト/☆☆☆☆

雰囲気/☆☆☆☆☆

総合 /★★★

 

② Calibur

www.calibursf.com

こちらは、1店舗しかないローカル店です。

サンフランシスコの西側、動物園とツインピークスの間あたりにあります。

 

車がないと行きにくい場所ではありますが、

手作りのケチャップなどこだわりながらもオーソドックスなハンバーガーが楽しめるお店です。

 

ローカル店なので、現地の人に混ざって食べる雰囲気がなんとも楽しいです。

 

f:id:harukoimai0329:20180515034420j:plain

f:id:harukoimai0329:20180515034442j:plain

f:id:harukoimai0329:20180515034513j:plain

 

挟む野菜とソースは選択制、チーズは追加トッピングです。

私たちは残念ながら食べそびれたのですが、オススメはとろけたチーズがかかったポテトと、

バークレーのファームから取り寄せた牛乳で作るミルクシェイクです。

 

値段 /☆☆☆

味  /☆☆☆☆☆

お肉 /☆☆☆☆

ポテト/☆☆☆☆

雰囲気/☆☆☆☆☆

総合 /★★★★★

 

③ FIVE GUYS

http://www.fiveguys.com/

 

こちらもサンフランシスコ市内には店舗がなく、空港周辺になります。

私が行ったのはバーリンゲーム店です。

 

こちらの特徴は、店内にフリーで置かれている殻付きピーナッツ!

注文したお客さんは、ハンバーガーが出来るまでピーナッツをつまみながら待っています。

食べかすはそのまま地面にポイ・・、アメリカ仕様です。

 

こちらは、東海岸発祥でそこからチェーン展開してきたお店だそうです。

確かに味や雰囲気も、少しワイルドです。

お肉はかなり肉肉しく、全部は食べきれませんでした。。

 

f:id:harukoimai0329:20180515040248j:plain

f:id:harukoimai0329:20180515040303j:plain

 

値段 /☆☆☆☆

味  /☆☆☆

お肉 /☆☆☆☆

ポテト/☆☆☆☆

雰囲気/☆☆☆

総合 /★★★

 

以上、ご参考まで☆彡

 

【サンフランシスコ周辺グルメ】ハンバーガー巡り①

こんにちは。

 

アメリカといえばハンバーガーですよね。

マクドナルドはもちろん、街中には沢山ハンバーガーショップがあります。

 

ちょっといいアメリカンレストランに行っても、結局出てくるのは

プレートに乗ったハンバーガーと山盛りのポテトだったりします。笑

 

ハンバーガーは安くて間違いなく美味しいので、私たちはよく行っています。

 

そこで、今までに行ったことがあるハンバーガーショップを勝手に

評価&紹介していきたいと思います。

 

① IN-N-OUT Burger

http://www.in-n-out.com/

 

こちらの特徴は、新鮮な食材を使って、注文を受けてから調理すること

にこだわって提供されるところです。

フライドポテトも冷凍ではなく、お店でカットしたものなんだそうです。

 

f:id:harukoimai0329:20180410073103j:plain

 

ハンバーガーのメニューは3種類しかなく、値段はハンバーガー1個 $2~3と

他のお店と比べて、かなり安いのでコスパ最高です。

 

値段 /☆☆☆☆☆

味  /☆☆☆☆

お肉 /☆☆☆☆

ポテト/☆

雰囲気/☆☆☆☆

総合 /★★★★

 

個人的にはポテトがあっさりとし過ぎていて、物足りなさがあります。

このお店には裏メニューや裏技もあるようで、

”Extra Tomato&Lettuce”といえば、野菜が増量できるそうですよ。

 

② SUPER DUPER

http://superduperburgers.com/

 

このお店はサンフランシスコ発、地元の人にも人気なハンバーガーです。

 

こだわりは、オーガニックの食品、自家製といったスローフード志向で作られていること。

バーガーはスーパーバーガー(ダブル)とミニバーガー(シングル)の2種類。

自家製ピクスルは取り放題です。

 

f:id:harukoimai0329:20180410081525j:plain

 

f:id:harukoimai0329:20180410081538j:plain

 

なんといってもお肉がジューシー!

最後のほうはパンが肉汁でふにゃふにゃになってしまいましたが。。

次からはミニバーガーで十分と思いました。笑

オーガニックのソフトクリームもいちおしみたいです。

 

f:id:harukoimai0329:20180410081646j:plain

f:id:harukoimai0329:20180410081657j:plain

 

値段 /☆☆☆

味  /☆☆☆☆

お肉 /☆☆☆☆☆

ポテト/☆☆☆☆

雰囲気/☆☆☆☆☆

総合 /★★★★

 

A&W

https://www.awrestaurants.com/

 

日本にも沖縄に店舗があるというA&W。

お店の特徴は、冷えたジョッキで提供されるルートビアです!

 

f:id:harukoimai0329:20180410080050j:plain

f:id:harukoimai0329:20180410080029j:plain

 

ルートビアはノンアルコールのビールとして頼まれることもあるような飲み物ですが、

正直、薬品の味ですごい匂いがします。美味しくないです。笑

アメリカ人には好まれているようですね。

 

ケンタッキーの傘下ということで、この店舗は隣にケンタッキーも入ってました。

 

値段 /☆☆☆☆

味  /☆☆

お肉 /☆☆

ポテト/☆☆☆

雰囲気/☆

総合 /★★

 

店内は少し汚くて、ゆっくり居られる感じではありませんでした。。

ルートビアをお試しに入るにはいいかと思います。

 

 続いて、その2も更新します☆彡

サンマテオアダルトスクール 2017秋学期まとめ

今回は、私が今通っているサンマテオアダルトスクールで

学んだことについて書きたいと思います。

 

既に今は次の学期に入っているのですが、前回の秋学期は2017/8/22~12/15の間でした。

 

私が通っているのは、Sam Mateo Adult SchoolのESL(English as a second Language)クラスです。

 

Sam Mateo Adult School

https://www.smuhsd.org/smas

 

学校に通うためには、まず最初に生徒登録が必要です。

学期毎の初めに、生徒登録の日程がHPに公開されるので、

それを確認して2日間、ガイダンスを受ける必要があります。

 

1日目:ガイダンス・生徒登録用紙に記入など

2日目:レベルチェック用のWebテストを受験・受講クラスを決める面談など

 

 

この学校は、カリフォルニア州が支援している施設の為、受講料はかかりません。

レベルやクラスの種類、時間帯も非常に充実しており、

通える距離に住んでいる方は、ぜひ行かれることをオススメします。

 

アメリカ人はいませんが、アジア圏、メキシコ、インド、ロシア等々

いろんな国の幅広い年齢の方が通っています。

 

同じく日本から来た人にも知り合うことができますが、

様々な国の人達と交流できるのは非常に面白く、いろんな経験ができます。

 

私は、2017秋学期にこのようなクラスを取りました。

 

Morning Class   :①All Skill(Low Advanced)

         8:45-12:00 Mon~Fri

Afternoon Class:②Listening & Speaking(High Advanced)

         12:30-15:30 Mon~Fri

                    :③Career Exploration

         12:30-14:30 Mon,Wed

 

Morning ①All Skill

このクラスは全7レベルに分かれており、

リスニング、ライティング、リーディング、スピーキング、発音の

全スキルを教えてくれるクラスです。

 

私は最初のWebテストの結果、上から2番目のLow Advancedになりました。

 

先生によっても授業のカラーがかなり違うのですが、

私の先生Cristinaは、とても明るくてノリのいい方でした。

授業はかなりアメリカンなスタイルで、何か問題の答え合わせをする場面でも、

先生にあてられるのでなく挙手で答えるし、

ボーっとしていると他の生徒にばかり発言されてしまう感じでした。

 

私は積極的にクラスの前に出たり、自分の意見を言ったりするのが苦手なので、

とても鍛えられました。

 

Low Advancedクラスでは以下のような内容を学びました。

 

・未来/現在/過去完了等の文法

・must/should/could/would等の使い方

・会計/政治/家庭等のジャンルごとの単語

・英文エッセイの書き方

・人種や宗教問題等に関する英文読解

 

私は学生を卒業してから全く英語に触れていなかったので、

英文法や助動詞をおさらいすることができ、とても為になりました。

 

Afternoon ②Listening & Speaking

このクラスは、リスニングとスピーキングにフォーカスしており、

何か与えられたお題に沿って、他のクラスメイトと英会話するのが中心のクラスです。

 

Listening & Speakingクラスでは以下のような内容を学びました。

 

・慣用句イディオムを使った会話練習

・映画/音楽/その他に関するディスカッション

・映画鑑賞、理解できなかった表現の解説

・記事/コミックを読んでディスカッション

・スピーチ

 

この授業も、グループでディスカッションをした後、全体に発表する流れが基本です。

特にイディオムの日は、グループで作った会話文を即興で演じるロールプレイがあり、

なかなか大変でしたが、他の人たちの発表が面白くて、なんとか楽しむことができました。

 

Afternoon ③Career Exploration

このクラスは、アメリカで新しい仕事を探す人向けの、

仕事に求める事や自分の価値観、目標を整理していくクラスです。

日本でも大学生の時に、就職活動時に受けた講義に似ています。

 

私はアメリカで仕事をする訳ではないのですが、勉強になるよとオススメしてもらい、

受講してみました。

このプログラムは、サンマテオカレッジと同じ内容になっていて、

大学と同じレベルの授業を受けることができ、単位も取得できます。

また、Web教材も与えられました。

 

授業では、以下のことを調べていきました。

 

・自己分析(性格、能力、モチベーション)

・自分が仕事に求めるもの(環境、条件)

・業種理解、分析

・職種の特徴、仕事内容

・アメリカでの給与平均と求人動向

・短期目標と長期目標の設定

 

最終の授業では、自分の選んだ職業と設定した目標について、

20分のプレゼンをしました。

 

ここからは感想ですが、自分は性格診断で、

Conventional(規律的)・Investigative(調査的)・Enterprise(企業的)

と判定されました。でも、適している職種が、

Human Services(サービス)・Hospitality & Tourism(旅行)・Government & Public Administration(行政)

であり、性格はあまりSocial(社交的)に該当しないにも関わらず、

仕事には多くの人モノと関わる社交的な環境を求めるという結果になり、

やりたいことと性格にギャップがあるという事が分かりました。

 

この結果は今まで認識したことがなかったので改めて自己分析になり、

興味深かったです。

最後に先生から受けたフィードバックでも、このような結果になる人は初めて

と言われてしましたが。。

 

やっぱり人前が苦手なので、それを克服できるように努力しつつ、

この性格だからできること・分かることもあると思うので、

自分の個性を発揮できる仕事や適している環境に巡り逢えたらいいなと思います。

 

最終的には、データ管理者や都市計画家が適している職業という結果になりました。

 

 

このように1学期過ごしてきて、学校に通う前と比べて画然に充実した日々を過ごすことができました。

 

また春今期のまとめも更新します☆彡

 

【サンフランシスコ市内観光】ケーブルカーミュージアム他

こんにちは。

先週末は、サンフランシスコの市内観光に行ってきました。

 

今回は今まで行きそびれていた、ケーブルカーミュージアムに行ってみることにしました。

 

San Francisco Cable Car Museum

www.cablecarmuseum.org

ミュージアムの入り口です。レンガ造りの建物はとても味がありました。

f:id:harukoimai0329:20171028083226j:plain

 

↓中に入ると、ケーブルを回している大きな滑車が轟音で回ってました。

f:id:harukoimai0329:20171028083257j:plain

ホイールが4列に並んでいますが、これが各ケーブルカーの路線の滑車になっているんです。

f:id:harukoimai0329:20171028083411j:plain

この装置でケーブルカーを動かしているんですね!!

 

正直、今までどうやってサンフランシスコの急傾斜をあの電車が渡っているんだろうと、

不思議に思っていたのですが、ようやく理解することができました。

ホイールを回してケーブルを動かし、ケーブルに繋がった車両が動いていくんですね。

 

↓ケーブルカーの仕組みについて説明したパネルがありました。

f:id:harukoimai0329:20171028083750j:plain

ケーブルカーの走行ルートになっている道路には全て道路下にケーブルが埋め込まれています。

 

車両内にはレバーが付いているのですが、それを前後に動かすことで、

ケーブルにつかまったり離したりして、動く止まるを操作しているんですね。

 

↓メンテナンスの機械が散乱としている建物内

f:id:harukoimai0329:20171028083810j:plain

 

↓これはケーブルーカーの路線図です。色分けされたエリアごとに4路線走っています。

f:id:harukoimai0329:20171028084828j:plain

 

そして階段で地下に降りると、道路下のケーブルも覗くことができました!

f:id:harukoimai0329:20171028084944j:plain

 

建物を出ると、早速ケーブルカーが走ってきました。

f:id:harukoimai0329:20171028085519j:plain

何気なく見ていたケーブルカーも、仕組みを知るとどんどん面白くなってきます。

 

建物の裏手に回ると、車両基地もありました。ここから電車が出ていくんですね。

f:id:harukoimai0329:20171028090546j:plain

f:id:harukoimai0329:20171028090629j:plain

↓電車目線

f:id:harukoimai0329:20171028090644j:plain

よし、今日も行くか。って電車の声が聞こえそうでした。笑

 

さてさて、続いてはグレース大聖堂へやって来ました。

 

Grace Cathedral

https://www.gracecathedral.org/

f:id:harukoimai0329:20171028090819j:plain

丘の上にある高い建物なので、とても存在感があります。

 

建物はゴシック建築で、パリのノートルダム大聖堂を模した外観になっています。

 

↓天国への扉のような黄金のドア

f:id:harukoimai0329:20171028101401j:plain

右奥の入り口から中に入りました。

 

↓床にはキース・ヘリングの最後の作品が描かれています。

f:id:harukoimai0329:20171028101452j:plain

両側はステンドグラスがとても美しいです。

f:id:harukoimai0329:20171028101706j:plain

f:id:harukoimai0329:20171028101745j:plain

学生の時にキリスト教の学校に通っていたので、礼拝堂を懐かしく感じました。

f:id:harukoimai0329:20171028101907j:plain

さっきよりも心なしか清らかな気分になり、外に出てきました。

 

↓道路を渡ると、反対側の道路がものすごい角度の坂道になっていました。

f:id:harukoimai0329:20171028102033j:plain

写真だとあまり伝わりませんが、、これぞサンフランシスコ、坂の街ですね。

 

そして、一息つこうとサイトグラスコーヒーに移動です。

 

Sightglass Coffee

https://sightglasscoffee.com/

f:id:harukoimai0329:20171028103221j:plain

友人にオススメしてもらってからずっと行ってみたいと思っていました。

 

↓お店の入り口はガラス張りの開放的なデザインで、とてもオシャレです。

f:id:harukoimai0329:20171028103351j:plain

 

f:id:harukoimai0329:20171028103404j:plain

↓店内は2階が吹き抜けになっていました。

f:id:harukoimai0329:20171028103435j:plain

この日は暑かったので、アイスラテを注文しました。

一杯ずつ丁寧に入れてくれます。

f:id:harukoimai0329:20171028103523j:plain

f:id:harukoimai0329:20171028103705j:plain

おしゃれなビンに入って出てきました。

f:id:harukoimai0329:20171028103742j:plain

2階でテーブル席に座りましたが、広々としていて時間を気にせずゆっくりでき、

居心地がとてもよかったです。

カフェでマックブックで作業・・これぞできる人のおしゃれライフ。笑

f:id:harukoimai0329:20171028103900j:plain

f:id:harukoimai0329:20171028103928j:plain

 

のんびりと過ごした休日でした☆彡

隙間時間にできる英語の勉強教材 おすすめ5つ

こんにちは。

私は、アメリカに住むことになってから、英語を話せるようになるべく、勉強中です。

 

とはいえ、普段からまともに机に向かうような人間でもなく、

語学学校にも通っているのですが、更に移動時間や家事の合間にできる

英語の勉強サイト等、いくつか利用しています。

 

そこで、完全に個人的意見ですが、おすすめ順に5つ紹介したいと思います。

※本以外は全て無料です。 

 

NO.5:アプリ「Duolingo」

f:id:harukoimai0329:20171025143217j:plain

Duolingo: 英語を無料で学ぼう。毎日5分、楽しくレッスン。

 

これは、図書館の英会話に行った際、10歳程のウズベキスタンの女の子に

教えてもらったアプリです・・!

レベルは超初級、ゲーム感覚で暇つぶしに遊びがてら、丁度いいアプリです。

 

NO.4:本「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」

f:id:harukoimai0329:20171025143235j:plain

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング CD BOOK|書籍案内|ベレ出版

 

これも内容は中学レベル、初級です。

現在完了やso~that・・・のようなテーマごとに各10問の例文問題があります。

 

この本は、日本語の文章をすぐに英語に変換するスピードを鍛える本です。

なので、日本人にありがちな文章は理解できるけど自分から話せないという

日常英会話での悩みに最適な本だと思います。

 

NO.3:「スピードラーニングポッドキャスト

f:id:harukoimai0329:20171025143250j:plain

スピードラーニングポッドキャスト|英会話教材スピードラーニング

 

これは2人の外国人の先生が、「読書」や「睡眠」といった

身近なテーマについて会話しているのを聞く30分のポッドキャストです。

耳を英語に慣らすのに、丁度いいと思います。

 

毎週木曜日配信、会話スピードは少し速いので、中級~上級レベルですが、

トピックは簡単なので、内容は理解しやすいと思います。

 

NO.2:「CNN 10(video)」

f:id:harukoimai0329:20171025143325j:plain

CNN 10 - CNN

 

こちらもポッドキャストです。これは音声だけでなく映像が付いており、

毎日10分、アメリカのニュースが動画で配信されます。

 

番組の前半は今日起こったニュースについて、後半はあるトピックについて

紹介される流れが多いです。

 

映像付きなので内容も理解しやすいですが、キャスターのスピードが速いので

全てを理解するのは正直、難しいです。。

でも、英語のリスニングにも時事問題の勉強にもなるので、活用しています。

 

NO.1:「ECC英会話Podcasting - 知ってる単語でこんなに話せる!」

f:id:harukoimai0329:20171025143350j:plain

ECC英会話Podcasting - 知ってる単語でこんなに話せる!【ECCウェブレッスン

 

これも同じくポッドキャストで、アメリカでよく使われる慣用句(イディオム)を

シチュエーション会話で紹介・解説していく番組です。

 

 

毎週日曜日に配信、1回15分です。

スピーカーはアメリカ人と日本人の2人で、2人のジョークを交えたやりとりに

笑いながら学べるのも、この番組の楽しさです。

 

1回の配信につき、2つのイディオムが紹介されます。

シチュエーション会話の後、1文ずつ英語と日本語で解説してくれます。

実際にリアルなネイティブの会話シチュエーションを想像しながら聞けるので、

よく使われる表現や会話の中でのフレーズを習得するのに最適だと思います。

 

以上5つを紹介してみました。

 

どれもちょっとした隙間時間に活用できるものなので、ぜひ試してみてください☆彡

【サンフランシスコ周辺観光】ミュアウッズ/サウサリート

こんにちは。

先々週末は、ゴールデンゲートブリッジを渡った向こう側の

ミュアウッズ国定公園と、小さなアンティーク街サウサリートを訪ねてみました。

 

Muir Woods National Monument

https://www.nps.gov/muwo/index.htm

 

ミュアウッズ国定公園は、サンフランシスコの北17マイルのところにあり、

レッドウッドの森の中でハイキングを楽しめる場所です。

 

レッドウッドとは、セコイア種の樹木で、”世界一背の高い生き物”と言われています!

 

今では北カリフォルニア沿岸部にしか残っておらず、貴重な自然となっています。

 

またこの公園は、映画『スターウォーズエピソード6 ジェダイの帰還』のロケ地にも使われたそうです。

 

↓さて、ミュアウッズの森に到着しました。入り口のゲートです。

f:id:harukoimai0329:20171021152420j:plain

 入場料は一人10ドル、受付で支払います。

駐車場は混雑しているので、入り口近くに停めたい場合は朝早くの出発をおすすめします。

私たちは12時頃に到着したので駐車場は満杯、歩いて15分程の場所に路駐することになりました。

 

↓こちらがハイキングコースのマップです。

f:id:harukoimai0329:20171021152434j:plain

奥までいくと往復で約4マイル、1時間半ほどのトレイルになります。

せっかくなので私たちは一番奥のブリッジ4まで行って、帰りは

ヒルサイドトレイルで帰ってきました。

 

↓メイントレイルの景色

f:id:harukoimai0329:20171021153513j:plain

写真に収まらないほどの高さで、圧巻でした。

f:id:harukoimai0329:20171021152634j:plain

園内の樹木は、平均樹齢700年だそうです。

光にあたると赤茶色に見えるのも、レッドウッドと言われる由縁です。

 

さて、ブリッジ4に着いたので折り返しです。

f:id:harukoimai0329:20171021152724j:plain

帰りは少し勾配を登り、メイントレイルを見降ろしながら、ヒルサイドトレイルを歩きました。

f:id:harukoimai0329:20171021152746j:plain

こっちのほうは道幅が狭く、より山登りの雰囲気が楽しめます。

 

当日サンドイッチを持参していたのですが、園内はピクニック禁止のため、

ビジターセンターの外のベンチスペースで昼食をとりました。

軽食ならビジターセンターで購入することもできます。

 

そして、帰りがけにサウサリートにも立ち寄りました。

 

サウサリート(sausalito)

サウサリートは小さなダウンタウンで、サンフランシスコの喧騒から離れた穏やかな懐かしい雰囲気が楽しめるエリアです。

f:id:harukoimai0329:20171021152757j:plain

ヨットハーバーを見ながら優雅なランチやディナーを楽しむのもありです。

f:id:harukoimai0329:20171021152808j:plain

 

ブラブラと散策をして、まず入ってみたのが、クリスマスグッズのお店「Holiday Shoppe」です。

ここではクリスマスツリーに飾るオーナメントをたくさん売っており、

店頭にはこんなユニークなツリーもありました。

f:id:harukoimai0329:20171021152818j:plain

f:id:harukoimai0329:20171021152940j:plain

 

次に、アイスクリーム屋さん「Lappert's Ice Cream」に立ち寄りました。

ダウンタウンに2店舗あり、ほとんどの観光客が立ち寄っているようで大人気でした。

f:id:harukoimai0329:20171021153000j:plain

店内もアイスも昔ながらのスタイルでしたが、フレーバーの種類がディスプレイに表示されているのが、斬新でした。

f:id:harukoimai0329:20171021153014j:plain

1スクープでもかなり大量のアイスが出てきたので、シェアしても充分だと思います。

 

そしてゴールデンゲートブリッジを通過し帰宅です。

f:id:harukoimai0329:20171021153029j:plain

 

いろんなところへ出かけるうちに、何度もゲートブリッジを通るようになり、

一番最初に見た感動が薄れていくのは少しさみしいな~と思いながら、家路に着いたのでした。

 

また更新します☆彡